休学留学をする学生さんが増えている、その5つのメリットとは?

こんにちは!鈴木寛子です。

明けましておめでとうございます。2020年もよろしくお願い致します。

オーストラリアは夏真っ盛り!一方でNSW州での山火事の被害が続いています。
雨がほとんど降っていないので、早く潤って欲しいなぁと思います。
この火事で、被害を受けた方達、動物達の一刻も早い回復をお祈りしております。

さて、当校でも20代前半の大学生の方が、多く渡豪されるようになってきました!
その中でも多いのが、大学を休学して半年間から1年間ワーキングホリデーに来られたり、就職が決まって会社が始まるまでの短期留学をされる方も増えてきました。

今では休学留学と呼ぶこの留学スタイル。

大学中留学してまで留学するそのメリットにはどんなものがあるのでしょうか?
今回は「休学留学」についてご紹介したいと思います。

休学留学をするメリットのその① 新卒ブランドを捨てなくてもいい


日本では、大学を卒業したらすぐに就職!と言うスタンスが根付いています。
(欧米諸国ではその逆ですね!インターンシップや休暇を取る人も多いです。)

大学を卒業してから、ブランクが出来てしまうと今後の就職活動に影響があるんじゃないか?と不安になる方もいらっしゃるかとおもいます。(恐らくそんな心配は全くないと私は思うのですが)

または、希望している職業によってはすぐに就職しないとダメという場合もありますよね。
もしくは大学4年生ではやくに内定が出て、卒業まで時間がある方もいらっしゃると思います。

そうではなく、大学生2、3年生で留学する事に興味を持たれた方は、休学をして、そのまま新卒で就職活動をする事も出来ます。

もし新卒ブランドを捨てたくない!という方には休学をして留学するというのも1つの手段ですね。

 

休学留学をするメリットのその② 国際感覚やコミュニケーションスキルが付く

グローバル化がどんどん進んでいるこの世の中。
日本の常識や考え方だけでは通用しない事、理解出来ない事がある事もあります。

もし将来的に海外で活躍できる人材になりたい。。とか、海外とのやり取りがある会社に就職したいという希望があれば、一度海外に出てみて、実際に生活してみる事をお勧めします。

目的はなんでもいいんです。語学留学、ボランティア、インターンシップなど、大事なのはそこでの経験、出会う人々との会話、海外で活躍している日本人と出会ってみたり、外国から見て日本はどのように映っているのか違いを見たりなど。

日本とは全く違う考え方、価値観、生活の違いを見る事間違いありません。
それが発展途上国であっても先進国であっても関係ありません。

 

日本という国の凝り固まった考えだけでいるよりも、視野を広げる事でより柔軟な考え方が出来て社会に貢献できる事もあるでしょう。

 

休学留学をするメリットのその③ これで本当に良いのかな?と自分を見つめ直せる

就職してしまうと会社一筋になってしまう事が多いので、社会人として何年か過ごす前に留学を経験しておく事で、自分の本当にやりたい事、興味のある事を一度見直す事ができるかもしれません。

なぜ自分を見つめ直すのに、海外留学がいいんだ?と思われるかもしれませんが、当校に通われていた生徒さん達の半数以上の方達が、その時考えていた夢や目標が海外生活を経て変わったり、その後の日本での生活が前向きに変わったりしています。

 

私が思うに、自分が今まで過ごしてきた生活を一変させてみると、今まで考えてきた夢や目標とまた違ったアイディアや考えが生まれるんじゃないかなって思いました。

 

私も実際、ワーキングホリデーを始めて、オーストラリアという国にもっといたい、勉強もしてみたい!と思うように考えが変わりました。

不安もありましたが、不安よりもその先にあるワクワクの方が上回ることの方が大きかったです。

 

休学留学をするメリットのその④ 就活の面接の武器になる事も

就活の時の面接で、よく聞かれるのが「今まで頑張ってきたことは何か?」「胸を張って自信が持てる経験は?」だったりします。

私も就活をしていて、この質問をされるのが1番苦痛でした。

ゼミや部活、サークルとかで頑張っていたり、他の趣味などで打ち込む事があったりしたなら話は大分違いますが、平々凡々に生きてきた私にとってこの質問は難しいものの1つ。

面接のために留学をするというわけではありませんが、何か1つのことに夢中になったり、自分は特にこれといって頑張ってきたものがないな。。。と言う人には、ちょっと人と違った経験を伝えてみるのもいいのではないでしょうか?

でもただ「留学に行ったことです」と答えるのではなく、そこで頑張った事、諦めなかった事、辛かったけどどうやって乗り越えたのか?など上手に伝えられるといいかと思います。

休学留学をするメリットのその⑤ メンタル面で強くなる

外国に行くと今までの友達や家族とは全く違った背景を持つ人たちに出会うことになります。
国もそうですし、年齢や宗教などなど、日本では出会うような事がない人達が沢山いる事でしょう。

自分が今まで過ごしてきた事がなかったような過去の経験を持っている人もいます。

様々な理由で留学している人もいます。

そんな人達と出会い、時間を共にして行く事で、日本で考えていた事が当たり前ではなくなってきます。

そして、困難な場面に立ち向かっても、すぐに立ち直れるメンタルが培われるでしょう。

またご自身もホームシックやカルチャーショックを受けることもあるので、その時自分でどんな風に克服したり、周りの人に助けられたりして行くこともご自分の強さとなっていきます。

社会人になれば辛い事、悔しいと言う思いをする事も沢山起るでしょう。

その時に、ちょっとの事でへこたれない精神力をつけるにも就職前に出来るかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当校でも、「社会人になる前に必ず海外留学しておきたかった!後悔したくなかった!」と仰られて来られる方も多いです。

私が大学生の頃は休学なんてもったいない!と言う気持ちがあったんですが、いまは少しずつ変わって来ているんですね。

大学によって休学中にかかる在籍のための手続きや費用など異なります。
また大学が出しているプログラムなどもあるかもしれませんので、一度調べてみるといいかもですね!

 

当校でも幼稚園のボランティアやデミペアなど滅多にできない経験ができるプログラムをご用意しておりますので、もしご興味あればこちらからご覧ください。

チャイルドケアボランティアについて詳しいご案内はこちらから

当校のデミペアプログラムについての詳しいご案内はこちらから

簡単!早い!LINEから日本語でお問合せできます!

ワーキングホリデー、デミペア 、語学留学に経験豊富な日本人スタッフが皆さんの疑問に1つ1つ丁寧にお答えしています。
執拗な勧誘やメッセージの送信もございませんのでご安心ください。
24時間以内にはお答えしております。また夜間に頂いたお問合せは翌日の回答になる事ございますのでご了承くださいませ。