英語初心者の人が海外留学を始めて陥る3つの壁とは

こんにちは!鈴木寛子です。

今年も2019年最後の月になりましたね!

あっという間です。。本当に。

当校では、来年にかけてのお申込みやお問合せを頂いております。
ワーキングホリデー、短期留学、そして親子留学、色んな顔ぶれがありそうです^^

その中で一番多いご質問が、「英語が出来ないんですが、私でも海外留学/ワーキングホリデー出来ますか?」という内容のものです。

もちろん、英語が出来なくても、英語初心者でも留学は可能です!

ただ、やっぱり日本とオーストラリアや他国との大きな違いがありますので、メンタル面で負けない注意が必要です。

今回は、そんな英語初心者の方の為の注意したいネガティブ思考についての記事になります。

 

英語初心者の人が海外に来て1番最初にぶつかる壁とは?

それはやっぱり「言語の違い」でしょう。

オーストリアなら英語。

恐らくその壁は、飛行機のチェックインや機内放送から始まると思います。

 

「え!?全然言ってることが聞き取れない!?大丈夫かな、私。」と最初の焦りを感じる事もあります。

 

とりあえずは、ナチュラルスピードの英語だし、きっと現地に行けば何とかなると思いつつも、いざ憧れだった留学の地に到着すると、

送迎のバスドライバー、ホームステイ先の人達、語学学校の人たちと、英語が聞き取れなさすぎて、大きな壁が立ちはだかる様な感じがします。

 

当然、日本語が母国語ではないので言葉が違うことは当たり前ですが、こんなにもナチュラルで話す英語って違うんだ!とショックを受けるわけです。

 

それはやっぱり、性別や年齢、その人の喋り方の癖によっても全く違って来ます。

 

ただ、ここで壁にぶつかるのはわかりますが、ぶつかったままでいると、その壁を乗り越える事ができなくなってしまいます。

 

何十年と住み慣れて来た母国を離れて、日本語から急に違う言葉に慣れろという方が無理があるものです。

1週間、2週間と時間が経ってくると、徐々に英語のアクセントや話し方に慣れて来ます。

1ヶ月が経つと格段と慣れて来ます。

それにはとにかくトライアンドエラー!です。

 

出来ないんだから当たり前!と気持ちを大きく持って、ホームステイ先や学校の人達と身振り手振り使って沢山のコミュニケーションを取って行きましょう。

 

最初にぶつかる壁、それは「言葉の壁」です。

 

英語初心者の人が海外に来て、感じる心の焦り

そして次の壁といえば「焦り」です。

これは人それぞれ色んな焦りがあります。

上記の「言葉の壁」から来る、英語レベルの違い焦り、先に学んで来ている人達がペラペラ喋れるのを見て、英語で楽しそうに喋っているのを見て、話せない自分を見て焦る。

 

ワーキングホリデーの人なら生活についての焦り、例えば住まい、仕事、次のプランなど到着した早々どうしようって焦ってしまう。

 

でも考えてみてください。知らない土地で、早く生活に落ち着きたいのは分かりますが、日本からオーストラリアに旅立って来て、1週間かそこらで全て万事オッケーってなかなかないと思います。

 

皆さん、物事スムーズにいってほしいですよね、当たり前です。

トントン拍子で新生活も上手くいったらこれ以上のものはないです。

でも、違う国に来たら上手くいかないことの1つや2つ当然ながらありますし、じっくり時間をかけた方がいい事もあります。

 

焦って色々と先走ってしまったり、先の事ばかり考えてしまったりすると、「今」この時間を楽しむ事ができなくなってしまいます。

 

「言語の壁」と同じですが、どんと構えて、時には流れに任せて過ごしてみる。

そして1番は折角始まった海外生活/ワーキングホリデー!新しい生活を楽しみましょう!

 

英語初心者の人が海外に来て、感じる生活スタイルの壁

日本人は奥ゆかしくて、礼儀正しくて、おもてなしの精神が高いです。

 

日本へ行っても、そのサービス精神の高さは世界でナンバーワンか!ってくらいです。

 

逆にオーストラリアに来てみると、結構ざっくりしていて、細かい事を気にしない、感情表現が豊かなので、そのギャップにびっくりする事もあるかと思います。

 

代表的なのはホームステイをしてみて感じる生活スタイルの違い

日本ではなかなかホームステイをする習慣ってないので、他人のお家にお世話になるってあまりない事ですよね。

中には、滞在中にホストスチューデントの前で夫婦喧嘩が起こる事だってあるし、親が子供を叱る場面だってあるかもです。

 

シャワーの時間は短くて当たり前、食事もワンプレートでシンプルなどなど、色んな違いを見るかもしれません。

 

遠慮ばかりしていて何も話さないでいれば、ファミリーは何も問題がないんだって思い、そのままいつも通りあなたの事をもてなすでしょう。

 

日本ははっきり言って何の不便もなく、便利に暮らす事ができます。
オーストラリアでは、親切なサービスや便利さがなくても、シンプルでゆったりとした生活スタイルを求めます。

日本の方が良いな、日本だったらこうだったのになぁ、と考えてばかりいてはオーストラリアの生活スタイルに溶け込む事ができません。

日本では見ることのできない、生活の違いを感じる絶好のチャンスです。

マイナスに感じるのではなく、違いを楽しんで見ていきましょう。

まとめ

英語初心者の方が感じる「壁」って下記の通りです。

  • 言葉の壁(英語力の壁)
  • 焦りという壁
  • 生活スタイルの壁

最近、新しい生徒さん達を見ていて、特に強くこの3つの壁について感じました。

「大丈夫だよ、少しずつ良くなっていくから」と言っても、その状況にはまってしまっているご本人にとっては一大事です。

少しでも早くこの状況から抜け出すために、多かれ少なかれ、皆さんこんな心境になるんだって事忘れないでください。

そして自分だけではないという事、時間が経つにつれて少しずつ良くなって行く事。

頭の片隅に少しだけ残して、楽しい海外生活送りましょう!

ゴールドコーストの語学学校の詳しいご案内はこちらから 

簡単!早い!LINEから日本語でお問合せできます!

ワーキングホリデー、デミペア 、語学留学に経験豊富な日本人スタッフが皆さんの疑問に1つ1つ丁寧にお答えしています。
執拗な勧誘やメッセージの送信もございませんのでご安心ください。
24時間以内にはお答えしております。また夜間に頂いたお問合せは翌日の回答になる事ございますのでご了承くださいませ。