ワーホリで語学学校の時間を無駄にしない過ごし方

こんにちは。鈴木寛子です。

今回は、ワーホリに来て語学学校に通われる方の語学学校の時間を無駄にしない過ごし方をご紹介したいと思います!

 

ワーホリで語学学校に行っても無駄だ!とかワーホリするなら日本で英語力をつけてこい!とか色んな意見がありますが、そもそもワーキングホリデーで何をするかってその人それぞれなので、「他の人がああしろ、こうしろ」って言う必要はないと思うんですよね。

私の場合、「英語圏で英語を学びたかった。でも正規留学をするのに学校だけ行っているだけでちゃんと生活できるんだろうか?」と言うのが心配で、語学学校にも行けて、フルタイムでも働けるワーキングホリデーに魅力を感じてそう言う選択肢を取りました。

英語が上達するもしないのも、現地で友達ができるできないも、その人次第。

要は与えられた時間を有意義にハッピーに過ごせるかどうかだと思うんです。

 

では、語学学校でどんな風に過ごしたら無駄にならずに過ごせるのかお伝えしたいと思います!

語学学校の先生をうまく使おう

なんと言っても、どこの語学学校に通い始めて一番英語に詳しいのは先生(のはずw)です!

そして、英語を正しく話してくれるのも先生です。

レッスン中にわからない事があったり、質問があったりしたら、どんどん聞いていきましょう!

 

恥ずかしがっていては、分からないものも分からないままですし、オーストラリアの語学学校の先生達は、その人達が理解しているかどうかいちいち一人一人に聞いてはくれません。

聞きづらいなと思うなら、休憩時間やランチの前などタイミングを見計らって先生を捕まえて聞きましょう。

 

また大きな学校では難しいかもしれませんが、先生と世間話をしてみる。これも大事な英語上達のプロセスです。

クラスメートと英語を話すのも良いですが、正しい英語が分からないために内容に詰まってしまったり、言い方が分からなかったりする時に、手助けしてくれるわけではないので、常にBroken Englishを話すことになってしまいます。

間違えを恐れずに英語を使っていくことはいいことです。ただ間違いを正そうと言う気持ちがないといつまで経っても間違った英語を使い続けて、それが癖になってしまいます。

語学学校と言う環境で、先生と少しでも世間話をする機会があればトライしてみて下さい。
言い回しを教えてくれたり、間違ったらその場で正してくれるでしょう!(少なくとも当校の講師はそうです!)

 

ちなみに当校では、レッスンの時間以外にもランチの時間、レッスン後など、常に先生が常駐しておりますので、気軽に話せる雰囲気作りとなっています。

 

添削してもらうものは添削してもらう

 

英語の文章や分からない表現など、どんどん添削してもらう。

 

当校が推奨しているのは、英語日記を書くこと。

英語で日記を書くってことは、日々考えていることや行動などをノートに書いてアウトプットする事ができます。

表現方法の違いなど、添削してもらう事で、記録にも残るので復習しやすいですし、何しろ思い出になるので後で頑張った英語日記を見返すのが自分の成長の証になります。

 

もちろん当校では、英文を添削してくれますので、是非是非利用してください!

ゴールドコースト 語学学校

学校が終わった後も、続けられればあなたの1年分のワーキングホリデー物語が出来上がる訳です。

 

周りの人と比べない、焦らない、自分の力量を知る

語学学校に行っていると、色んな人達がいます。

長い間英語を勉強している人、もともと英語が得意だった人、次のプランをすでに計画している人。

 

色んな人たちがいる中で、語学学校をスタートしたばかりのあなたは、他の人たちと比べてしまって焦るかもしれません。

 

先生の言ってる事がわからない!クラスメートの人が言ってる事がわからない!自分が全く英語話せない!

 

などなど、新しい環境の中、焦ったり比べてしまう気持ちが生まれてしまうかもしれません。

 

新しくスタートして、分からないのは当たり前です。

 

ずっと日本で暮らしてきたのですから、英語が聞き取れないのも当たり前です。

 

まずは1ヶ月!

 

これを目安にガムシャラに頑張ってみてください。

1ヶ月が過ぎる頃には、生活にも慣れて、英語にも少しずつ耳が慣れて来て生活が楽しくなって来ます!

焦っていたり、人と比べている時間の方が勿体無いです!

 

その時間、自分が何ができるかを考えて、自分のレベルに合わせてできることからゆっくり始めていきましょう。

深呼吸深呼吸!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私が見ていて、語学学校の生徒さんがトライできる事ってまだまだ沢山あります。

ブラジル人でもフランス人でも日本人でも一緒に過ごして来ている人たちと英語を話そうと意識する。

街中で滞在先で、沢山質問したり、習ったフレーズを使ってコミュニケーション取っていく。などなど。

 

語学学校に行っていなくても、行っていても英語の上達は人それぞれです。

 

ただそれを他の人の主観だけで、「行かない方がいい!時間の無駄だ」と決めてしまうのは、これからワーキングホリデーをしようとしているあなたの選択肢や夢を壊してしまうことも。

 

要は、自分のワーホリでの目的を考えて、語学学校が必要かどうか考えて、必要なら、じゃあ自分にはどんな学校が合っているんだろう?って考えるだけです。

 

これを機会に>>自分に合った学校を探すチェックリストをダウンロードしてみて下さい!

合わせて読みたい当校別ブログ>>英語力ゼロでも安心して通える語学学校の選び方

簡単!早い!LINEから日本語でお問合せできます!

ワーキングホリデー、デミペア 、語学留学に経験豊富な日本人スタッフが皆さんの疑問に1つ1つ丁寧にお答えしています。
執拗な勧誘やメッセージの送信もございませんのでご安心ください。
24時間以内にはお答えしております。また夜間に頂いたお問合せは翌日の回答になる事ございますのでご了承くださいませ。