オーペアを辞めるのも続けるのもあなた次第、でも考えてみて!

こんにちは!鈴木寛子です。

オーストラリアは夏日に向かっています。これからベストシーズンの到来ですね!

さてさて、今回はオーペア/デミペア を継続するかどうするかの悩みを持っている方、またはこれからオーペアやデミペアをされる方で、
「もし続けられなかったらどうしよう」という不安を抱えている方への記事になります。

異国の地で、他人のお家でお世話になることってとっても勇気がいることだと思います!

どんなファミリーなんだろう?子供達と仲良くなれるかな?食事は合うかな?など色々な想いがあると思います。

そんな時にオーペア/デミペア を辞めるか続けるかはあなた次第ですが、マイナス思考に陥ってる人の為にこの記事を書きました!

参考になれば嬉しいです。

 

オーペア/デミペアを辞めるという選択がベストな時

Demipair aya

3ヶ月間から6ヶ月間、同じファミリーとの共同生活。

 

そりゃ、暮らしていれば良いことや悪いことの1つや2つもあります。

エージェントを通してオーペアを始める人、自力で探して始める人など色々といるかと思いますが、

まずは、「オーペア辞めたい!辞めてやるー!」と思う前に、今自分の置かれている状況を客観的に見てみましょう。

 

オーペア辞めても良いんじゃない?という最悪な条件は下記の通りです。

  • 始める時の契約時間数と全然違う。オーバーし過ぎて、自分の時間が全く取れない。
  • 食事が粗末。まともに作ってもらえない、もしくは冷蔵庫に何もなく作れない。
  • ファミリーが失礼な態度を取る(特に大人であるホストマザー、ファザー)
  • 上記、改善してもらうように交渉しても、何も改善してくれない。

こういう時は、早めに担当のエージェントに伝えるか、自分で探した場合は最低でも2週間は余裕を持ってファミリーにその旨を伝えましょう。

それは辞める理由になるのか?ちょっと考えて欲しい時

次に、オーペアを辞めるのに十分な理由なのかどうか考える時。

  • 自分が描いていた理想と全然違う。
    (それはあなたの事前勉強不足です。現実を受け止めて適応して行きましょう)
    合わせて読みたい>>オーペアのまとめ記事はこちらから
  • 自分には向いていないと思う。
    (トライして分かる事もありますが、そもそも「共同生活」「子供の世話」「家事」「英語環境」など自分の性格や力量を考えてみて向いているか向いてないかはなんとなく予測が付きます。)
  • ファミリーの環境に溶け込めない。
    (オーペアはお仕事です。ファミリーは日々の手助けが必要です。「人見知りだから」とかそういう理由でファミリーの中に溶け込めないのであれば、溶け込む努力をしましょう)
  • 自分の勝手な思い込みでネガティブ思考に陥る
    (オーペア友達を作り、話を聞いてもらう事も元気になる1つの手段です。もしくはファミリーに直接今の気持ちを伝える事も大切です。)

 

これらはオーペアを辞める前に少し考えて欲しい理由になります。

誰にでも思い込みがあったり、軽い気持ちで始めてみて実は想像以上に大変だった!という事もあります。

もしくは「滞在費が節約できる!」という単純な理由だけで決めてしまって、お家のお手伝いをすることがどんなものか考えずに始めるのはもっての他です。

オーペアファミリーは、もちろん忙しいから、人の手を借りたいと思っています。

オーペアさんが、機敏に動いてくれなければ、何もタダで食費や家賃を負担する必要はないんです。

一生懸命、誠実に頑張ってくれれば、ファミリーだってオーペアさんの力になりたいと思うはずです。

 

やっぱり一緒に過ごすオーストラリアで出来る一番近い人!

この間、こんな記事を見つけました。

ファミリーの一員として扱ってもらえるので、ファミリーと一緒に様々な場所に出掛けたり、ホームステイではなかなか経験できないような体験をすることができます。

例えば、ママやパパのお友だちファミリーと一緒にご飯を食べに行ったり、お誕生日パーティーに参加させてもらったり。もちろん、そこでも出来るだけのサポートをしようということは心がけてはいますが、様々な人に出会い、様々なファミリーを見ることができるのはとても勉強になります!

そして、筆者がオーペアをするうえで、一番大切だと考えていることは謙虚な態度です。雇用主のもとで生活し、働く場とプライベートの場が同じということは少なからずストレスを感じることがあります。

それでも、言葉が伝わらない筆者の生活を支えてもらい、多くの経験をさせてくれるファミリーには感謝してもしきれません。謙虚な気持ちで誠実にファミリーと向き合っていけば、子どもはもちろん、ファミリーみんなと素敵な関係を築くことができます。これは、オーペアならではの魅力でとても貴重な経験に思います。

深い関係を築ける分、別れを思うと……ですが、一生でまたとない経験を大切に、1日1日を噛み締めて生活しています!

Au Pairってどんな仕事?」より

私も多くのデミペアさんを見て来ているのですが、デミペア 生活を楽しめていない人、悩みが多い人の多くは、

「自分中心」で考えている事が多いと言うことです。

自分の大変さや、コミュニケーションの難しさばかりを挙げて、ファミリーがどんな風に考えているのか?を考えずに行動している人が多いのです。

 

デミペアを楽しく過ごしている人は、常にファミリーと関わったり、助けになろうとしたりと積極的に触れ合っていることが多いです。
そして、自分の時間も大切にしているんです。

そう言う人は、デミペアが終わった後もいつまでも良い関係を築いています。

 

やっぱり一緒に過ごすオーストラリアで出来る一番近い人!

 

毎日生活を共にすることで少しずつ子どもとの距離が縮まっていくのを実感することができます。始めは知らない大人が急に家に来て一緒に生活を始めるということに、抵抗を持つ子も少なくありません。年齢が小さければ人見知りをされることもあります。

ましてや言葉の通じない世界です。子どもたちがオーペアの存在を受け入れてくれるまで時間がかかることも少なくありません。

筆者は今のファミリーと過ごして3ヶ月が過ぎたのですが、子どもとの関係の変化や成長をファミリーと一緒に共有し、喜びを感じています。ふとした瞬間に子どもが筆者を頼ってくれたり、子どもの不明瞭な言葉を理解することができたり。ここには書ききれないほどの小さな喜びを感じることができます。

Au Pairってどんな仕事?」より

こちらの記事にもあるように、子供との関係に悩みがある人も子供側からして見てみたら、突然来る異国の人が自分のお父さんお母さんに変わって面倒を見てもらうって結構大きいこと。

その子供達と試行錯誤しながら、関係が深まっていく事もとても感慨深いものです。

自分はファミリーの大きなお姉ちゃん/お兄ちゃんと思って、愛情を持って時に厳しく、メリハリを持って接することができれば子供達もずっと皆さんのことを覚えていてくれるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

笑いあり、涙ありの数ヶ月間。

これからお世話になるファミリーも、今お世話になっているファミリーも一生に会えるか会えないかの貴重な存在です。

これも何かのご縁と思い、楽しいオーペア/デミペア 生活を過ごすことができることを私達はいつも応援しています!

当校のデミペアプログラムについての詳しいご案内はこちらから

簡単!早い!LINEから日本語でお問合せできます!

ワーキングホリデー、デミペア 、語学留学に経験豊富な日本人スタッフが皆さんの疑問に1つ1つ丁寧にお答えしています。
執拗な勧誘やメッセージの送信もございませんのでご安心ください。
24時間以内にはお答えしております。また夜間に頂いたお問合せは翌日の回答になる事ございますのでご了承くださいませ。