30年+1歳生きていると色んな事があるもんです・・・

今日はー!

連日のドタバタが、やっと8月に入り落ち着いてきましたー!

タイトルを見ると深刻そうというか、

何やらありそうな匂いを醸し出してますが、

いやーあったんですよ、

今朝ね、

フフフーンとトイレから出てきたら、

ケバブショップのおっちゃんが、ショッピングカート(ちなみにショッピングカートはTrolley(トローリー))と呼びます。

にいっぱいの商品を入れて押して歩いている所でした。

半年前くらいに閉まってしまった雑貨屋さん?(こちらではNews Agencyと呼びます、新聞や文房具、ちょっとした電化製品までなんでも揃ってます)の扉が開いていて、続々と人が入って行ってました。

そのおっちゃんとよくしゃべるので、「What’s happening?」と聞いたら

そのおっちゃんも、シリアかどっかの人なので英語片言で、

「Very cheap」と教えてくれました!

見たら、クリアランスセールやってるじゃん!!!!!!

うおー!!!これは買わねば!

とね、ちょっとした感じで急いでお財布を取りに戻って、

講師に、セールやってるよーーー!!!と告げて、

戻ってきました(みんなは当然来ないもんだと思ってた)

だって普段でも割と安いこのお店。

セールと来たら、これはいくっきゃない!!と思って。

何がいくらなんだか、システムがよく分からないまま、
とりあえず買い物かご(買い物かごはちなみにBasketでOKです)持って物色してたら、
周りの人が話してる声で、

「なんか取るだけとって気持ちだけあげればいいらしいよ」

とかそんな声が聞こえ、

「まじ!?」と思い、


こんなちっこい買い物かごじゃ足りない!カートが!カートが必要だ!!!

と、おろおろしてたら、講師達も来たー!しかも生徒さんも一緒にー!

すぐに今分かってる状況を説明して、講師にTrolleyを持ってきてもらう。

詰めます。。。

なんだか本当にいくら何だか分からないけど、とにかく詰めます。

すると、ここのショッピングモールで働いている知ってる人達が何人かいて、

どうやらでかいビニール袋いっぱいだと$5で、カートだと$10と判明。

ぬぁにいいいいいいいいい!!!!!!

セール魂の火が付く!!!!

こうなったら恥とか言ってられません。

大和魂、見せてやる!!!

物色中。

生徒さんにも、「もうこんなカードなんてまとめてもらっちゃえば」と言って、
それもそうだと思い、従う。

なりふり構いません・・・・。

講師は講師で、トローリーで詰められるだけ詰め、

私がものを入れようとすれば、「細かいものはスライドさせて横から入れるんだ!」

と、変なプロ意識を見せる。。。。

途中、見知らぬ日本人のお母さんとも、

「これ!!!!すごいいいんじゃないですか!?」

「ほらっ!このノート!!!学校で必要でしょ!お子さんに持ってって下さい!」

と、全然知らない人なのに仲良く物色。

上の方にあって取れない、ファイルとかも男の人が脚立を使って取っていて、

私も負けじと反対側の脚立を使って登り、

下におばあちゃんとおばちゃんがいて、

「どれが欲しいのーーー!?!?!」

と、もう何でもいいから下にボコボコ落としていったら、

「Good girl」(←年上の人から言われるの当たり前ね)

と、感謝され、

中国人のおばちゃんも日本人かと思い、日本語で話しかけたらスルーされ、英語で話かけ直す。

(その人近くの、フィッシュ&チップスのおばちゃんだったとあとで気づく。)

気づいたら、こんなになってました。

undefined

これで$15(でも私$20払った気がする・・・)

undefined

ここには結構、オーストラリアならではのTシャツとか、ポストカードとかも売ってたんで、短期で来ているママさん達は、

「もうお土産いらないねーーー!!!!」

と大満足♡

教室戻って、戦利品をみんなで見たり、交換したり、、、とあんま
りレッスンに集中出来ず。。。

私もしばらく、ここ一番にない戦闘態勢で、

胸いっぱいでした。

でも、みんな見ている所がそれぞれ違って、
講師はケーブルとか、釣り用具とか、洗濯液とか実用的なものが多く、
私は文房具とか、本やポストカード、おもちゃとかの可愛いものに目が行き、
観光で来られてる方は、お土産系がやっぱり多くて、ワーホリの子達は洗濯粉とか、そういった買っとけばあとで使えるものが多かったです。

いやーすっきりした!
10年に一回あるかないかの、激しい買い物でした!

undefined

最後に、、、、あとで気づいたさりげなーく書いてあったサイン・・・。

気づけねーわ!!!

ここのお店のあとは何が入るんだろ、、、結構好きなお店だったのでなんだか残念です。。。。






demipairebook

人と違う体験!
デミペアプログラム!

デミペアってどんな感じ?
デミペアに向いてる人は?逆に向いてない人は?
ファミリーとのコミュニケーションについて。
英語でどうやって伝えたらいいんだろう?
そんな疑問を全34ページにまとめています!
是非、あなたのワーホリ準備に役立ててください!
最後まで読んでいただけると、嬉しい豪華特典付きです!




Leave a Reply

Your email address will not be published.

ABOUTこの記事をかいた人

2009年に27歳で脱OLしてワーキングホリデーで渡豪!ワーホリ奮闘してました!
海外に行きたいと思った理由?
それは、英語を学びたいのと海外生活がしたいから、海外で働いてみたいから。それだけの理由です。
そして、次はあなたの番です!
“いつか”はいつまで経っても実現しません!
“いつか”を”今”に変えていきませんか?
Hello, Nice to meet you.
My name is Hiroko and I am a Student adviser at I.W.H.P.
I have been living in Australia for 8 years. I came here on a working holiday visa in 2009.
I love travelling but I have always dreamed about living in another country. I believe that Australia is one of the most beautiful countries in the world and that the culture, nature and character. I have always wondered what it looks like?
What I can learn?
What the differences between my country and other countries are?
Of course the purpose was studying English.
I’m still learning a lot of things so it never ends.
Learning another language is very useful and fun and I’ve been able to meet a lot of people because of my English.
No it is your time to change your life!!
I.W.H.P is always here for you to help living in Australia.